次の仕事が決まるまでの社会保険はどうなるの?

派遣社員として働いている場合、新たな職場が決まるまでの期間が14日以上空くようなら資格喪失手続きを行う必要があります。
天地佑樹のアイコン
ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。

社会保険を知る

派遣として働いている場合、契約期間満了と共に別の現場へ移るということは多々あります。この時、最も気になるのは次の仕事が決まるまでの社会保険ではないでしょうか。社会保険がない状態というのは不安もありますから、しっかりと適切な行動をとる必要があります。そのためには、社会保険のことについて知識を身に付けておきましょう。

手続きしよう

新しい職場が決まるまでの間社会保険は適用されませんから、資格喪失日から14日以内に国民健康保険、国民年金へと速やかに加入手続きをとらなくてはなりません。これをしておかないと、新しい仕事が決まるまでに怪我や病気をしてしまった場合自費で医療費を負担することになってしまいます。

手続き不要なことも

派遣社員として働いている場合、職場が何度か変わることがありますから、その都度保険を切り替えることになってしまいます。しかし、保険によっては任意継続手続きが行えるものもありますから、そうした保険だと毎回国民健康保険へ加入を繰り返すような煩わしい手間はなくなります。

まずは調べる

今現在派遣として働いている方は、自分の健康保険のことを知ることから始めましょう。自身が加入している社会保険が任意継続手続きできるのかどうかを知ることが非常に重要です。これは登録してある派遣会社のコーディネーターに質問すればすぐに答えてくれると思いますから、まずは相談してみましょう。

厚生年金はどうなる

健康保険については理解できたかと思いますが、厚生年金はどうなるの?という疑問も残ってしまうと思います。厚生年金については継続が不可能ですから、資格喪失後に速やかに国民年金への加入手続きをとらなくてはなりません。

保険料の支払い

当然のことですが、国民健康保険、国民年金は会社での健康保険、厚生年金とは異なりますから、保険料の支払も当然別となります。また、新たな職場が決まった際には改めて国民健康保険と年金の資格喪失手続きを行う必要があります。

手続きは素早く

再就職後の国民健康保険資格喪失手続きですが、この手続きをスムーズに素早く行うことができれば保険料を徴収される前に資格の喪失手続きが完了しますから、保険料の支払い義務はなくなります。逆に遅れてしまうと二重に保険料が徴収されることになりますから注意しましょう。ただし、二重に支払ったとしてもこのお金は後日返還されますから心配する必要はありません。詳しくは各自治体の役所で確認しましょう。