やりたいことが見つからない 転職の輪廻から抜け出す方法

やりたいことが見つからない場合、とにかく今の仕事を続けることを頭に置いて、その仕事のいいところを見つけられるようにするといいでしょう。
加賀原まこのアイコン
WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます

やりたいことが見つからない

仕事はお金を稼ぐための手段に過ぎない。このように思っている人は、ある程度割り切ってなんでも仕事ができるかと思います。ただ、やはりそうではなくやりたいことをやりたいと言うことで転職活動をする人もたくさんいると思います。そんな中、やりたいことが見つからないことから転職を繰り返す人もいるようです。転職をしては、こんな仕事はしたくないばかりが繰り返されているようです。そんな転職の輪廻から抜け出すためにはどのようにするといいのでしょう。

自分の好きなことは何か

仕事でもそうでなくてもいいので、自分の好きなことは何かを考えてみましょう。好きなことを仕事にすることは辛いところもありますが、何がしたいか分からない場合、まずはそこを切り口として考えてみるといいでしょう。経験の有無は特に問いません。

今の仕事をどう思っているか

今の仕事が本当に自分にとって大切かどうかもポイントになります。そもそもある程度気に入っているのなら、特に転職を考える必要もありません。転職を考えずに済む方向に思考を持っていくこともまた大切なことなのです。

転職したいのか、辞めたいだけか

一番の問題となるのが転職したいのか、それとも単に辞めたいだけなのかです。これがどちらであるかが分かれば、転職の輪廻から抜け出せる可能性もかなりアップすることは間違いないでしょう。

転職したい

今やっている仕事は自分のスキルアップを目的としたもので、やりたいことはまた別にあるという考えがあるのならば特に問題はありません。この場合、自分の中で確固たるゴールが見えており、それに向かって転職を行おうとしていることになるわけです。これならば転職の輪廻にはまることも無いかと思われます。

ただ辞めたいだけ

給料が安い、休みが無い、上司とそりが合わないなどの理由で単純に仕事をやめて何か別のことをしたいという方もいるでしょう。自分がどうにかすれば解決できる問題を解決しようとせずに新しい職場を求めていると、いつしかそれの繰り返しになります。ここで大切なことは、たとえ嫌な仕事であっても何かひとつ何でもいいのでやりがいがあることを見つけることです。少しくらい何かがいやだから仕事を辞めたいというのは正直甘え以外の何物でもありません。仮に仕事をやめたところで、新しい職場でも同じことがあれば一緒だからです。本当に条件が良いところを見つけることができればいいですが、そうでなければいつまで経っても何も変わりません。最悪転職できない状況になるかもしれないことを頭に置いた上で、自分の今の仕事を本当に辞めたいのかどうかを考え、どうにか踏みとどまってみるのがいいかと思われます。