職種でよく見る倉庫内ピッキングって何をする仕事なんでしょうか?

倉庫内ピッキングとは、リストに沿って倉庫内の商品や物品を集める仕事です。集中力が必要な仕事で、疲労も溜まります。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

倉庫でのアルバイト

近年人気となっているのが倉庫内でのアルバイトです。単に倉庫内での仕事とはいっても様々なものがあるのですが、特にピッキングの仕事などが人気です。「ピッキング」と聞くと鍵を開けることなどが思いつきますが、倉庫内ピッキングという仕事は違います。ピッキングの仕事は女性でも行うことから近年さらに注目されています。

倉庫というところ

倉庫には数々の商品や物品が保管されています。ピッキングというのは、リストに沿ってそれらの商品を集めていく(拾っていく)のが仕事内容となります。それぞれの棚にあるものや管理されているものをリストを基に集めて、最終的にリスト内のものを全て集めることが仕事となっています。それを職場の人と連携して、配達もしくは管理することが仕事です。倉庫には数多くの商品があるので、注意力も必要です。

管理に注意

ピッキングの仕事を行いたいという方は、注意力を持って行うことが必要です。倉庫内にはたくさんの商品や物品が保管されています。ピッキングでそれらのものをリスト順に見つけていくのですが、慣れないと周りの商品を破損させてしまうこともあります。細心の注意を払って仕事を行うことが必要なので、注意力が必要となります。

倉庫内ピッキングの苦労

倉庫内ピッキングの仕事は大変と言われることが多いです。実際に商品をリストごとに拾って集めていくので、肉体的に疲労が溜まります。それでいて、貴重なものを保管している倉庫も多いので、精神的に疲れることも多くなります。この仕事は比較的黙々と仕事を行うことができるので、コミュニケーションが苦手な人におすすめですが、仕事自体は大変です。

コミュニケーションが苦手な方

よく「人と関わることが苦手」という方がいます。これはどうしても人の性格なので仕方ない一面があります。しかし、そういった方でもしっかり働いてお金を稼ぐことが必要となります。そこで、おすすめなのが倉庫内ピッキングの仕事です。倉庫での仕事は最初は仕事を覚えるまで大変ですが、一度覚えると後は単純な作業となるので、仕事としては効率的に行えるようになります。

肉体的な疲労と精神的な疲労

どうしても倉庫というと、閉鎖された空間であり黙々と仕事ができる場所というイメージがありますが、仕事をするのは一人ではありません。だからこそ、どうしても人間関係で疲れてしまったり、精神的に疲れてしまう方もいます。その点は十分に注意しましょう。仕事選びの時は、それぞれの特性を活かした職場を選ぶことが必要です。