誰でも一度は憧れるケーキ屋さんでのアルバイト

意外と簡単そうに見える「お菓子作り」ですが憧れだけでは出来ない一面も多くあります。本格的に学ぼうと思えば、アルバイトをとしてお給料をもらって挑戦しましょう。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

ケーキのアルバイトはやれば楽しい

ケーキ店や菓子店などのアルバイトは、調理師の資格のあるなし、経験の有無にかかわらず、特に女性には「お菓子作り」が好きな人であれば、十分に楽しめるところがあります。このあたりは、実際に自分で体験してみないと分からないところですが「目で見て、手で触れる」ことが出来るのが本当に料理を作っている、という体験につながり、新しい経験や財産となって、今後の人生に役立つ部分も大きくあるのではないでしょうか。


新しいお菓子作りの知識を学べる

新しいお菓子についての知識や経験をいろいろと学べる、ということについてはお仕事として選ぶのであれば、特に女性であれば今後、結婚やお子さんなどにお菓子を作ってあげたい、と考えている人にとっては汎用性の高い能力です。とくにプロとなってお菓子を作るのですから、普段はまったく使えないような新しい技術もいろいろと学ぶことができます。普段はなかなか使えないような新しい技術にも触れることができますし、お菓子についての知識も確実に増えています。意外と、新しいお菓子だからといって特別なスキルや能力が必要なわけでは無く、経験によってもカバーできる部分も多数あります。


給料などの待遇がいいことも多い

給与などの待遇が他のコンビニエンストアなどの単純労働に比較するとかなり恵まれている、ということも珍しくありません。このようなお仕事はどうしても丁寧さ、粘り強さ、一度学んだことを次、確実にプラスにできることなど、幅広い知識が求められることになります。一度、しっかりと自分で知識を得てしまえば、それだけ財産として今後の役に立てる部分も多くなるので、ぜひお菓子に興味がある人は体験してみてはいかがでしょうか。きっとこれまでにない新しい知識や財産を身につけることも出来るようになります。



憧れだけでは出来ない一面も

飲食店のお仕事は憧れだけでは出来ない厳しいところがあります。これは客商売、ビジネスということを考えるのであれば、どうしても厳しいところがあるからです。ルーズな人やあいまいな仕事をしてしまう人は、どうしても作業が雑になってしまう傾向にあります。そのようなことが無いように、ある程度自分でしっかりと知識や経験を持って、工場を持ってお仕事をすることが大切になってくるといえるのではないでしょうか。何をするべきか、自分で明確に決まっている人であれば、それを元にお菓子作りを多いなる人生の財産にすることが出来るはずです。