歯医者さんでアルバイトをするのに必要な資格!

歯医者でアルバイトをするに医療事務の資格があれば良いです。本格的に働きたい方は医科歯科大学に通い国家資格の取得を目指しましょう。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

歯医者で働く

今後もなくなることが無い仕事であり、安定して働くことができる歯医者は人気の職種となっています。しかし、歯科衛生士や歯科医師になるには資格が必要です。未経験の方がアルバイトをするということは難しいです。ただ、受付だけを募集している歯科医院や大きな歯科医院になると医療事務を募集しているところもあるので、どうしても歯科医院で働きたいという方は探してみましょう。

必要な資格

歯医者で働くには、厳密には治療に関わる人以外は資格はそこまで必要とされていません。歯科医師や歯科衛生士になりたい方は、医科歯科大学などに通って資格を取得することが必要となります。また、受付などは資格が必要ないと言われることも多いですが、事務と兼用して行っていることが多いので、医療事務の資格を取得しておくと便利です。「必要だから取得する」のではなく「自分の能力として活用するために」取得しておくと良いです。

働くための資格

厳密には医療の現場もアルバイトが多くなってきています。近年は医療業界も人手が不足しています。もちろん医師などは国家資格が必要ですし、看護師の方なども資格が必要ですが、それ以外の業務はアルバイトに移行しようと検討しているところもあります。歯医者も無駄を省き、アルバイトができるところはアルバイトに任せるというところもあるので、求人を探してみましょう。

歯医者に求められるもの

まずは資格を持っていなくても「歯医者で働きたい」と強く思って行動することが重要です。もともと歯医者で働くことが夢だった方は、今から学校に通うことも遅くないので、歯科医師や歯科衛生士になることもできます。資格があれば、より高度な歯医者として活躍することができるので、アルバイトを越えた存在となることも可能です。

明るいコミュニケーション

明るいコミュニケーションはどの歯科医院にも必要なことです。歯医者というのは「痛い、怖い、暗い」というイメージがありますが、そういったイメージを払拭してくれる人材を常に求めています。アルバイトであっても、患者にすれば「歯医者の人」なので、その点は良く考慮しておくことが必要です。資格以外にも必要な能力というのが歯医者には多いのです。

細かい気配り

これは資格などではなく、単純に人として「仕事ができる人間かどうか」の判断基準となります。歯医者では、患者の方の症状を良く理解して、患者の立場に立って治療を行っているところも多いです。アルバイトでも、常に患者の悩みを考えて行動できるようになりましょう。受付などは、いわば医院の顔となるので、明るく元気に細かい気配りを心がけましょう。