転職でブラック企業を選ばないための情報収集術

転職活動をする時にはブラック企業を選んではいけません。求人情報の内容をよく確かめて、ブラック企業かそうでないかを確認しましょう。
加賀原まこのアイコン
WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます

転職でブラック企業に入らないための情報収集術

転職をする時にはブラック企業を選んでしまわないように注意しましょう。せっかく転職をして、新しい環境に移りたいと考えているのに、ブラック企業に入ってしまったのではまったく意味がありません。
ブラック企業を避けるために役立つ情報収集術を教えましょう。

曖昧な言葉には注意

ブラック企業の求人情報の特徴として、根拠の無い曖昧な言葉が使われていることが多いです。感動や夢、成長などが特に理由もなく使われている場合は気をつけましょう。とりあえず求人を集めるために、根拠が無いのに好印象を与えられる言葉を使っているだけの可能性があります。
まともな企業であれば、それぞれの文章や言葉にきちんと意味があります。もし、何度読んでみてもどうしても内容の理解できない文章が含まれていたら、ブラック企業かもしれないと疑いましょう。

採用人数が異様に多い

たまに転職求人の中に採用人数が異様に多いものが含まれていることがあります。これはブラック企業の可能性が高いといえるでしょう。大量に雇うということは、それだけ人手が不足していることであり、その時点でまともな企業ではないと判断できるでしょう。
次々と人が辞めていくために、一気に人材を補充するために大量採用の求人を出しているのです。簡単に内定をもらえますが、多くの人が辞めていくような職場で働かない方が良いでしょう。

頻繁に求人を出している企業

上記と関連しますが、頻繁に求人を出している企業は怪しいと考えましょう。それだけ人が不足していて、簡単にどんどん社員が辞めていっていることが分かります。そのような企業はブラック企業であることが多いです。
求人情報を集める時によく見かける企業名があるとつい気になってしまいますが、頻繁に同じ企業の求人情報を見るということは、そもそもおかしなことであると気が付きましょう。

笑顔の写真を用いている

多くのブラック企業に共通している点として、やたらと笑顔の写真を多様していることが多いです。しかも、社員の写真を用いるのではなく、素材集の中からまったく関係のない人達の笑顔写真を掲載していることがあります。これは、笑顔によって少しでもイメージを高めようとしています。このようなことをしなくてはいけないのがブラック企業なのです。
このようにさまざまな理由によってブラック企業であるかどうかを判断できます。