仕事内容が合わないとき、派遣のお仕事の断り方

派遣の仕事内容が合わないと思って断る時は、断り方に気をつけましょう。我慢して続けるのも手ですが、身にならないと感じたら、きっぱりと断りiましょう。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

派遣の仕事が自分に合わない場合

派遣の仕事は、軽いものから激務まで業務内容によってかなりの違いが出るといわれています。そのため、話を聞いて最初はいいと思ったけど、やっぱり自分には出来そうもないと思ってしまう人もいるようです。そこで派遣の仕事が自分に合わない時に断るべきなのかどうか、そして断り方はどうするのかについてご紹介しましょう。

仕事を始める前に合わないことに気づいたら

まず、自分が紹介された仕事が合わないと感じた時には、だらだらと成り行きを放置せずに断ることが必要になります。よく派遣だからといって中途半端に断ることもせず話を進めると取り返しのつかないことになることもあります。

途中で止められるか

最も心配となるのが、そもそも派遣を途中でやめることが可能か否かでしょう。これはYESともいえますし、NOともいえます。簡単に説明すると、派遣業はそれ自体が仕事の開始をいつにしているかがバラバラで、完全に決定して仕事が始まっていないのであれば普通は断ることができます。しかし、契約書をかわしたり、すでに開始されていてそれがある一定期間までは辞められない場合は断るのが難しくなります。

無理な派遣の仕事を無難に断るために

派遣の仕事をせっかく紹介されたのに、断ることなんてことがあるのかという疑問もあるでしょうが、実は派遣で募集されているような業種によってはそのまま仕事として受け入れるには厳しい状況も存在します。そこで無理な派遣の仕事を無難に断るにはどうすればよいのか解説していきましょう。

断る時に必要なのは

紹介されて採用まで進んだ仕事を断る時に必要なのは、その理由が「正当な事由」であるのかどうかという点です。正当といえば聞こえはいいですが、辺に遺恨を残して派遣会社から仕事を紹介されなくなったり関連の会社からブラック扱いを受けないための配慮が狙いとなります。実際に採用者に会ってみて、話が通じそうになかったり、上からものを言うタイプの上司であるならば断ることを前提に考えておくのが無難といえます。

辞める条件

派遣の仕事を断ることは別に悪いことではありません。しかし、それはあくまでも紹介された案件を仕事を始める前に断ったり、話が進む前に拒否するということが大前提となります。だからこそ、すでに仕事を始めていたのに、やっぱり駄目だと行くのをやめてしまったり、仕事を断ると派遣社員としての信頼を失ってしまう可能性もあるのです。

派遣会社を切り替えるには

問題は派遣の仕事として上等だと思った仕事が、実は説明されていたものと全然違っていて、それが実地で初めて発覚するような場合です。これについては派遣として断り、派遣会社自体を切り替える必要があります。理由は簡単で、虚偽の仕事を紹介する派遣会社にいると、いつも途中で仕事を断って、余計な手間・費用がかかるのを防ぐためなのです。