転職したい、けれど結婚もしたい。どちらを優先すべきか?

転職・結婚どちらをしたいか、その時はどちらを優先すればよいのでしょうか。両立できそうであればそれでも良いですし、とにかく結婚相手と相談しましょう。
天地佑樹のアイコン
ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。

転職と結婚

日本の労働状況は刻々と変化し、男女が隔たりなく働けるようにという社会方針が反映されるようになってきています。それもあって、以前までは当たり前のように寿退社をしていたのが、仕事を優先するために退職をしなかったり、逆に仕事以外の重要度を下げたりすることもあると言われるくらいです。そこで転職したい、けれど結婚もしたいという方にどちらを優先すべきかについてご紹介しましょう。

転職は時期を考える

転職することになるのは、会社を自らをやめるかそれとも退社させられることによって行われます。つまり、仕方なく転職するのか、自分の意思でより自分にふさわしい会社を選ぶのかという違いになります。そして、後者は時期を操作できませんが、前者であれば結婚と同時に辞めてその後転職という形にすることができるのです。

結婚後のこと

そこで問題になるのが、結婚後に転職活動を行うのか否かという点です。人それぞれ結婚後にどのような役割をするか夫婦間で取り決めるのかで変わります。そのため、必ずしも結婚したからといって転職が難しくなるわけではないのです。とくに女性の場合は、そのまま家庭に入ってしまうこともあります。

転職と結婚の両立

転職すると、結婚生活が難しくなるという状況があります。例えば、極端に給与が下がってしまったり、急に解雇されてしまったりして、生活できなくなったりする場合です。他にも結婚前後に行う転職もやはり不安に思う人が多いものです。

転職との兼ね合い

転職で最も結婚生活の障害になりうる給与の問題ですが、引き抜きでもない限りただの転職では給与が下がることも十分にあります。また、給与に問題がなくても新たな環境へと変わることが大きな負担になることだってあります。しかし、お互いの理解を十分に得られるようならチャンスの時に転職するのもありなのです。

転職のチャンス

転職を行う場合、それがその人にとってのたった一度のチャンスであるということは珍しくありません。よく、いっぱい会社はあるし、人材も腐るほどいるから時期なんて関係ないと思ってしまったとしても仕方ないのかもしれません。ですが、想像以上にその一度きりのチャンスを逃したことで、モチベーションが下がったり良い会社の条件がなかなか見つからなかったりということもあるようです。

結婚を優先させてよいとき悪いとき

結婚を優先させた方がいい場合というのも当然あります。結婚相手が安定を望んでいる場合や転職に反対している時です。逆に、理解が得られながらも自分のチャンスをつかむ医師があるなら、結婚より転職を優先しても決して結婚生活は破たんしないはずです。