請負契約、業務委託契約、派遣契約って何がどう違うの?

よくごっちゃにしてしまう請負契約・業務委託契約・派遣契約の名称には明確な違いがあります。契約の性質を理解して請負偽装に合わないように注意しましょう。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

請負契約、業務委託契約、派遣契約の違い

よくフリーランスで働く人や請負・派遣で仕事をしている人の中から聞かれる意見として、請負契約・業務委託契約・派遣契約は何が違うのかという声があります。そこで簡単にこれらの違いについてご紹介したいとおもいます。

業務委託契約とは

業務委託契約は、何らかの業務を誰かに報酬を支払って変わりに行ってもらうことを指します。端的にいえば、仕事の一部を代行してもらう契約とでもいえばよいでしょうか。プログラマーやライター、そのほか単純作業に事務・情報処理などを担うときの契約に多いようです。

業務委託契約に必要なこと

業務委託契約は明確に雇用契約とは異なるといえます。つまり、労働基準法の拘束を受けずに仕事を頼むことが可能なことから、ちょっとした作業の以来や人件費の削減に多用されるようになりました。業務委託契約を結ぶためには双方の同意が必要で、重要な仕事だと契約書が交わされることになります。委任か請負かの違いはありますが、依頼主が委託者に業務を担ってもらうというための契約なのです。

請負契約と派遣契約の関係

派遣切りのときに問題となった請負契約は、派遣契約とどのような関係があるのでしょうか。それぞれの性質や特徴について詳しくご紹介しましょう。

請負契約の性質

請負契約の性質については、何か仕事を請け負うことによって報酬を得るというのがこの契約の基本的な考え方です。請負契約は労働法には拘束されない代わりに民法によって原則が規定されていることは良く知られています。請負社員の扱いもこれによて定められていてます。

派遣契約は派遣労働

請負とはまったく次元が異なるのが派遣契約だといわれています。なぜ違うのかといえば派遣は立派な労働契約だという点です。労働法に拘束されて、明確に労働者としての扱いを要求することが出来ます。派遣切りが問題視された背景には派遣社員が労働者としての立場を確保できていないことへのアンチテーゼが含まれていたわけです。

偽装請負に気をつけよう

偽装請負は、もっとも労働者が気をつけなければいけないことです。請負の仕事だとして仕事を請けてみたら、他の労働者と大差ない仕事を要求されるなど、実質的には労働者でしたといったような場合です。契約書には請負でサインされていて、請負なのに派遣先で上司の指揮下に入って仕事をする必要があるといった場合は疑ってみましょう。