あがり症のため面接が苦手です。自己アピールの秘訣はありますか

面接の場合の自己アピールにおいて最も大切なことは、自分が話すことに対して自信があるかということです。自己アピールの方法についてご紹介しましょう。
天地佑樹のアイコン
ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。

面接の際の自己アピールの方法

面接の際の自己アピールの方法についてご紹介しましょう。

自分が話すことに対して自信があるか

面接に受かるための自己アピールにおいて最も大切なことは、自分が話すことに対して自信があるかということです。では、どうすれば自信を持つことができるようになるのでしょうか?ここでは、面接の際の自己アピールの方法についてご紹介しましょう。

否定的反応や肯定的反応をする人に対して自分の経験をそれぞれ話をすること

面接の際の自己アピールの方法としては、否定的反応や肯定的反応をする人に対して自分の経験をそれぞれ話をすることです。面接の際に大切なことは、自分の話を面接官に聞いてもらうことです。大切なのは、否定的反応をすると考えられる人、肯定的反応をすると考えられる人に対してそれぞれに話をすることです。 否定的な反応をすると考えられる人は、アルバイトを頑張ったと言っても最終的に売り上げはアップしたの?頑張ったと言っているのみで実際に行動がついていっていないように感じるのだが、というような調子で話を聞いてきます。 一方、肯定的な反応をすると考えられる人は、素晴らしいね、どうしてそのように頑張ることができるの?というような調子で話を聞いてきます。このような人に話をすることによって、現在行っていることに対して自信を持つことができ、自分が行っていることに対して話を堂々とすることができます。このように言ってくれることによって、自分の考えが不足していることに気が付いて、行動にさらに改善をプラスすることができます。 このように違ったタイプの人に対して話をそれぞれ続けることによって、行動が自信につながって、さらに改善して行動する、というようなサイクルを繰り返すことができます。

面接を受けるすぐ前には、否定的な反応をすると考えられる人に頼む

面接を受けるすぐ前には、否定的な反応をすると考えられる人に頼むのも効果があります。というのは、面接で経験を否定されるようなものに対する訓練になるためです。面接のすぐ前に否定されると、自己アピールなどまともにできないと思うかも知れません。しかしながら、自信を持ってそれまで行動してきたことであるため、自分の経験を自信を持って話しましょう。

練習を徹底的に繰り返すこと

面接の際の自己アピールの方法としては、練習を徹底的に繰り返すことです。練習を20回程度すると自己アピールができるようになって、練習を50回もすると豊かな表情になって自己アピールを自信を持ってできるでしょう。そうすると面接はほとんど問題なくなるでしょう。