大学生が選ぶ【バイトに求める】条件ベスト5

大学生が必要としているアルバイトの条件をチェックしておけばとっても役立ちます。
何が必要になるか、ぜひご確認ください。
天地佑樹のアイコン
ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。

働くことの目標を決めよう

大学生が在学中に稼げるアルバイト

大学生になって「働く」となると、アルバイトも高校生のときよりも格段と多くなります。在学中に稼げるアルバイト、短期間のうちに収入をもらえるアルバイトなど、自分のライフスタイルに合わせて選択することが可能です。「どんな仕事をしたいのか」ということも重要ですが、「将来のステップアップにつながるのか?」ということも重要になってきます。

アルバイトと学業の負担

アルバイトの種類、目的、収入、本業となる「学業」への負担はどの程度なのか、ということを冷静に考えて自分にあったタイプのお仕事を選ぶようにしておけば間違いありません。お仕事条件や、長く続けられるのか「仕事を選ぶ前によく考えて」選択することがよいといえます。ぜひ、冷静な条件の判断をしてみてください。

アルバイトの「5選」はこれ!

アルバイトの選び方は全部で5つ

アルバイトの大学生が求める「5選」は次の点になります。まず1点目は「学業に差し支えないこと」です。せっかくのアルバイトも学業の負担になり、留年や中退になってしまっては本末転倒です。この点はシフトや自分の得意、不得意をよく見極めて考えて下さい。2点目は「自分で出来ることなのか」ということです。給与や待遇がよくても、自分のスキルが無ければ意味がありません。3点目は「続けられるのか?」ということです。

長期的に働くなら2つ

長く働くにあたり、いま、自分でどんなことが可能なのか、ということを冷静に考えなければアルバイトは無意味になってしまいます。4点目に「社会人になったときの財産になるか?」ということは重要なことです。5点目として「大学生の本分に合っているか?」を考えて下さい。遊びたいだけで仕事をしてしまうと、手痛いしっぺ返しにあってしまいます。

アルバイトは「仕事を覚えることも大切」

仕事の覚え方

アルバイトでせっかく5点のことを確認したら、次は「ちゃんと仕事を覚える」ことが出来るか、ということです。仕事を覚えるには「プロ意識」と「仕事への関心」が大切になります。この点があいまいになってしまうと、仕事がなおざりになってしまう可能性は十分にあります。自分で「どんな仕事をやってみたいのか」ということを冷静に考えることで、仕事選びでまず、間違いなく失敗をしないで済むことになります。

間違いない判断基準を

出来る限り正しい情報判断をして、お仕事を選択できるようにしておくと、情報も多くなりますし、間違いのない判断基準を持てるようになります。ぜひ、お仕事情報については、幅広い条件や「自分でどんなことをしたいのか」を考えて検討してみてください。