ビールの売り子って高収入が見込めるそうですが、どんな仕事ですか?

重いビールサーバーを背負いスタンドを移動する重労働ですが、歩合制のため人気があります。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

ビールの売り子のアルバイトは高収入が見込めるか

ビールの売り子のアルバイトは高収入が見込めるのでしょうか?ビールの売り子はプロ野球の試合で観客にビールを売る仕事です。正しくは「立売スタッフ」といいます。ビールサーバーの重さは15~18キロになり、夏の球場では気温30度以上の中サーバーを背負いスタンドを往復する重労働でもあります。しかしながら、ビールを売った分だけ給料に反映されるため、人気のあるアルバイトです。平均的な売り子の販売数は1日100杯前後になりますが、トップ売り子になると200~300杯売る売り子も出てきます。トップ売り子になると、時給5000円から8000円にもなり、かなりの高収入が見込めます。東京ドームで伝説のビールの売り子として有名なタレントの「おのののか」さんは一日に400杯売っていたそうです。

ビールの売り上げを伸ばすテクニック

ここでは、トップ売り子がやっている売り上げを伸ばすテクニックについてご紹介しましょう。

常連客を作る

売り上げの少ない新人売り子などは観客の中から不特定多数の観客から買ってくれる人を探しますが、観客の中にはほぼ毎試合観戦に来る観客がいます。上手な売り子はそのような観客を見つけ自分の常連客にします。常連客を作ることで安定した売り上げに繋げます。常連客との信頼関係を築き、他の客も紹介してもらい常連客をさらに増やします。

行動範囲を絞る

重いビールサーバーを背負い客席を無駄に動き回るのは体力の消耗につながります。サーバーの中のビールの量も限られているので効率的に回ることが求められます。そのため行動範囲を絞り特定のエリアで動くことで効率的にビールを売って無くなれば補充を繰り返すことが出来ます。

常に客席に気を配る

注文があり、ビールを注いでいる間にも差はつきます。売り上げの多い売り子はビールを注ぎながらも客席を見渡し、他に注文しそうな客やビールが減ってきた客を把握し、次の行動を考えています。また、試合展開に合わせて観客と盛り上がったり気持ちを共有することも大切です。

へこたれない性格

毎試合天候に恵まれ盛り上がる試合とも限りません。また、思うように売れない日もあります。そんなときでも気持ちを切り替えて次の試合に臨むことが大切です。自分なりに売り方を工夫してダメだったときは何がダメだったのかを検証改善し、向上させていくことが大切です。大変な仕事の分楽しむ気持ちを持てる人の方が成功しやすいです。