応募書類を侮るなかれ、目に留まる書類の書き方とは

応募書類は、採用担当者の「目に留まる」ことが最重要項目です。この点が曖昧になってしまうと、当然ながら書類の通過率が悪くなってしまうので、十分に注意を払うようにしておくことが肝心です。
海老田雄三のアイコン
WEBライター

応募書類では目に留まる書類にしよう

派遣のお仕事を応募するときにも希望する会社には当然、条件が良ければ、多くの企業から求人が集まることになります。そのような条件の中から「納得できる」お仕事を探すのは意外と苦労するものです。自分で「このような条件なら働きやすい」と思えるような内容をしっかりと探しておかないと、後で苦労することになってしまいます。これらの条件に関しては、ある程度、納得できる条件でなければ後で自分が失敗することになります。

書類には自分のアピールポイントを明確に記載する

応募書類には、自分のアピールするべきポイントを明確に記載することが求められます。この点について、記載の事実が曖昧であれば、当然ながら他の応募者のほうに目が行ってしまう、ということになりかねません。なるべく「魅力ある人材」に見えるように、自分がどのような職歴や長所を持っているのかというのは、はっきりと記載することで、高条件で採用されるチャンスを広げることができます。ある程度、自分の長所をはっきりと記載することで、明確に採用されるべき方針を決めることが出来るので、その点を明記することで間違いが無くなります。


職歴は武器になる

もし、派遣のお仕事やアルバイトをしたことがあるなら、その期間や仕事内容は明確に記載しておくことが肝心です。特に、今回応募したお仕事と合致した内容があるなら、その点も明確にしておくことで、ロスを減らすことが出来ます。具体的な条件を記載することで、不備も減らすことが出来ますし、採用までの準備を確実にしていくことが出来ます。具体的な条件がどのような条件なのか、ということを明確にしておけば、失敗する可能性も減らすことができます。

志望動機も明確に

応募するときには『志望動機』は意外とチェックされる項目です。なぜ、今回の仕事を応募したのか、どのような目的でどういう働き方が出来るのか、ということはよく見られる項目です。この点が曖昧になってしまうと、当然ながら仕事内容で不明点があると、採用者の目もひきません。出来る限り分かりやすく志望動機を記載することで、「即戦力」として評価される可能性を高めることができます。

記載事実はコンパクトに

職務経歴書や履歴書は、長々と自分の書きたいことを記載しても目立ちません。それよりも「必要なことをコンパクト」に記載することで、分かりやすく事実を伝えることができます。その点を明記して記載することで間違いが発生しません。