転職回数が多く勤務年数も短い場合、アピールポイントはどこに絞るか

それまでの転職回数が多かったり、在職年数が短かった場合、不採用につながりやすいです。しかし、実績というアピールポイントがあるのです。
加賀原まこのアイコン
WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます

勤続年数が短くて転職が多いと転職市場で損するのか?

転職をおこなう際にこれまでに転職してきた回収が多くて、しかもそれらの勤務先における勤務年収がそれぞれ短かった場合、その情報だけでは短期間でコロコロ職場を変えてしまう人材というイメージになります。このままのイメージでは転職先に採用される可能性は低くなりますので、しっかりとアピールポイントを探してアピールしておくことが大事です。

転職が多くてもアピールポイントはある

転職回数が多い場合には、職場をどんどん変えていき、こらえ性のない人間なのかと思われてしまうので、そうならないようにフォローのアピールをしておくことが重要です。何をアピールすればいいかと言えば、これまでの職場における実績です。実績をあげており、会社には貢献してきたものの、会社の社風などが合わないために辞職したという形で、仕事上では使える人間であるというポイントをアピールしましょう。特に営業職などの場合には、実績重視の企業もたくさんありますので、このような点をアピールしておけば問題ないケースも多々あるのです。

辞めた理由を明確に伝えることが大事

勤続年数も短く転職回数も多いとなれば問題児なのではないかなどのレッテルを貼られてしまう恐れがありますので、それぞれの職場をなぜ辞めたのかということをしっかりアピールすることが重要です。飽きっぽくて辞めた、上司が気に入らないので辞めたなどということが仮に真実だったとしてもそれは言ってはいけません。あくまでも心象を悪くしない理由で退職したということをアピールしましょう。

履歴書の時点でアピールを開始する

転職をおこなう場合、最初は書類選考からスタートするはずです。そのため、ここで転職回数が多い点や勤務年数が短かった経歴のみを書いてしまうと、その時点で落とされてしまうことになります。説明をおこなう機会さえ得られないままに不合格になってしまいます。そのため、面接において再び説明するにしても、まずは書類上でもなぜ勤務年数が短いのか、転職回数が多いのかをフォローしておき、自分がそれぞれの職場においてどのような実績をあげてきたのかを書いておきましょう。

オブラートに包むことも重要

転職回数が多い場合、その退職理由が上司が気に入らないなどということもあるかもしれませんが、面接官は今後の上司です。そんなことを言えば落とされます。そのため、リアルな理由はオブラートに包んでおくことも大事になりますので、覚えておきましょう。